カモワンタロットアストロロジー
ILLUMINATRIX

「イルミナトリクス」はタロット、アストロロジー、ソウルナンバー、シンボルセラピーのサイトです
line decor
 あなたのを輝かせましょう!
line decor

 


 
 
 
 
ILLUMINATRIX ニュース

 □■【ごあいさつ■□  

 令和時代は、自然を尊び、文化に親しみ、祈りと感謝を心掛けていきたいと思います。

 新時代は「なごやかに」過ごしていきましょう♪


  2020年の指針は「あつめ、おさめ、まつる」です。 2019年は基盤を安定させつつ、器を広げる年でした。 広がった器を活かすには、適切なものをあつめ、あるべきところにおさめることです。 磐石な器をつくるために、さらに補強すべき点を鍛えなおすこともあるでしょう。 あるべきところに存在するものは自らを認め、他を認めることができます。 お互いを認め合えるからこそ、つながることができます。 気付きと学びを、恵みと稔りにまつりかえていきましょう♪



 日本の智恵は、感謝と祈り、平常心などの 《日本のこころ》 を日々の営みの中に織り込むことです。 心を一つにして、 《日本のこころ》 を継承したいと思います。 かねてよりご提案している 【21時の平安の祈り】 を改めてご案内いたします。

【毎日21時】に感謝し、平安を祈ります。

 心を合わせることで、感謝と祈りのチカラは強まります。 どうぞよろしくお願いいたします。

  日本のこころを継承 【21時 祈りの和】


日本のこころシリーズ【神々と神社ことはじめ】 ~『日本書紀』編纂1300年記念~  

西宮夙川(しゅくがわ)教室 はじめてでも大丈夫

【土曜クラス】 毎月 第2土曜 10時~13時

【月曜クラス】 偶数月 第4月曜 10時~13時・14時~17時
 ※月曜クラスでは、土曜クラスの2回分をまとめて開催します。

【受講料】 ¥6,000(税込)/各回  ※お菓子とお抹茶付きです。

【内 容】 令和2年(2020年)は、我が国最古の正史『日本書紀』が編纂されてから1300年を迎えます。 これを記念し、日本のこころシリーズ【神々と神社ことはじめ】を開催します!

 日本各地の神社とその神事は、日本の歴史のタイムカプセルです! 記紀や風土記、さまざまな伝承を重ね合わせると、日本人の古代の信仰が浮かび上がってきます。
 創建が古代にまでさかのぼる神社は、別世界に通じる特殊な地形に建てられたり、縄文時代にもつながるなど重要な聖地です。 近年、パワースポット巡りが流行っていますが、それぞれの神社と祭祀の仕組みを理解してから訪れれば、さらに意義深いものとなります。 御祭神と御神徳について学ぶと、きっとお参りしたくなるでしょう!

◎ 講座で学ぶこと ◎
 
 ・主祭神   神話  系図  御神徳  関連する氏族
 ・神社のプロフィール   創建  社格等  本殿の様式  関連諸社
 ・祭祀    例祭  主な神事や儀式   
 ・聖地のランドスケープ   特殊な地理的条件

【土曜クラス定員間近、月曜クラスはゆっくりできます お申込みフォーム】


タロット de カバラ初級講座【自己をうつす鏡と生命の樹】  自己発見の道!

 西宮しゅくがわ教室  第3水曜クラス・第4日曜クラス

【水 曜】 9月16日(水)スタート 全7回 第3水曜 10時~17時
 9月16日、10月21日、11月18日、12月16日、翌年1月20日、2月17日、3月17日

【日 曜】 10月25日(日)スタート 全7回 第4日曜 10時~17時
 ※催行人数が集まれば開催いたします。 
 10月25日、11月22日、12月27日、翌年1月24日、2月28日、3月28日、4月25日

【受講料】 分割お支払い:¥16,000(税込)×7回 
  一括お支払い:¥105,000(税込)

【内 容】  NRC海外研修ではこれまでエジプト、フランス、トルコを巡りました。 エジプトでは、赤子のモーセがナイル川の中から引き揚げられたとされるベン・エズラ・シナゴーグマグダラのマリアも寄留したアレキサンドリアを訪れました。 フランスではマリアたちが到来したサント=マリー=ド=ラ=メール、マグダラのマリアが修行したサント=ボームの洞窟サン・マクシマム教会に参りました。 トルコのエフェソスでは聖母マリアが晩年過ごした地に建てられた聖母マリアの家 礼拝堂、上メソポタミアのシャンルウルファでは啓典の父アブラハムが誕生した聖地デルガフを訪れました。 次は是非イスラエルに行きたいですね!

 イスラエルを訪れる前に、ユダヤの秘儀≪神秘のカバラ≫を学びませんか?

 カバラは、アブラハムがいと高き神の祭司メルキゼデクから受け継ぎ、モーセが出エジプトにおいて伝授された秘儀とされます。 イエスや祝福されたマグダラのマリアもカバラに通じていたかもしれません。 カバラは、現実、心理、精神、霊性の解剖学&統合学として、天と地、そして人間の秘密を解く鍵とされます。 自己探求の道をしめし、可能性を十全に実現するための扉をひらきます。

 カバラはユダヤ世界にだけ通用するものではなく、広く普遍的な叡智を備えています。 例えば、古代エジプトの神学、 メソポタミアの祭祀、 ピタゴラスやプラトンをはじめとするギリシャ哲学、 『マグダラのマリアの福音書』などにみるグノーシス思想、 キリスト教神秘主義、神殿騎士団、 フランスを中心に発展したゴシック建築の大聖堂、 聖杯伝説、 アラビアの錬金術とも深く関わります。 そればかりか、その思想は東洋の密教にもつながると言われます。 『古事記』や『日本書紀』など日本神話の骨格の中に、カバラの普遍的叡智をみる研究者もいます。

  セラピーや占いなど、セッションがうまくできたとしても、その後のクライアントさんに良き変化が訪れないとしたら、それは何故でしょう? 可能性や気づきを現実的なカタチにできる人とできない人がいるとしたら、その差は何でしょう?

 人生は船旅に例えることができます。 タロットは人生の羅針盤として波を読みます。 アストロロジーは人生の海図として潜在的な可能性を読みます。 カバラは旅路の窮極の目的をしめすとともに、人生航路に必要な船の作り方や漕ぎ方、乗組員についても教えてくれます。

 カバラを学ぶことで、タロットに遊ばれずに対等に付き合うことができます。 アストロロジーのリーディング・センスを磨くこともできます。 なぜなら、カバラは人間全体のメカニズムはもちろん、自分自身の在り方についても、大きな理解を与えてくれるからです。 そして、秩序とバランスをもたらします。 カバラはただ生きるだけ人生を、意義深い ≪自分自身を発見する道≫ に変えてくれます♪

☆講座で学ぶこと☆
 ・カバラとは  ユダヤの神秘的伝統と普遍的叡智
 ・属性の流出  絶対と相対 閃光 10のセフィロト
 ・生命の樹  4つの世界 3つの柱  2つの顔  1つの樹
 ・使命の帰郷  エデンの園のアダムカドモン ギルグリム
 ・聖書の象徴  アブラハムの召命  イサクの燔祭
            ヤコブの梯子  モーセの出エジプト
 ・メルカバーの業  戦車に乗りこむこと
 ・タロット実占  自らの生命の樹をたてる

【お申込みフォーム】


メディカルアストロロジー初級講座【心と体の宇宙☆12サイン編】  心身の調和!

西宮夙川(しゅくがわ)教室 

【日 時】 10月30日(金)スタート 最終金曜日 10時~17時
  全4回 10月30日、11月27日、12月25日、翌年1月29日

【受講料】 ¥15,000(税込)/各回

【内 容】  天空の兆しは地上に影響を与えると考えた古代の癒し手たちは、セラピーを行うとき、星の動きに注目しました。
 心身を調和させるメディカル・アストロロジーでは、12サイン(星座)の変調の兆しを読み取ります。

 与えられたエネルギーをうまく活かせると、心身ともに健やかでいられます。  一方、エネルギーがブロックされると、考え方や感情、行動パターンに偏りがうまれ、さらには身体の敏感な部位に負荷がかかります。 病いやトラブルも個性のあらわれのひとつと観ることができます。  また、成長のプロセスで新しい調和をはかるときにも変調の兆しがあらわれます。

 自分らしく生きるためにも、家族や周りの方々を守るためにも、より適切な12サインの活かし方を学びましょう♪  ハーブ療法やアロマセラピーなど各種セラピストにもお勧めです。 アストロロジーを学んでいない方でもご受講いただけます。 ※メディカルアストロロジーによるチャート分析については中級以降で学びます。

◎講座で学ぶこと
 ・メディカルアストロロジーとは  マクロとミクロの照応
 ・各サインのエネルギー  特徴、象徴的に司る身体部位
 ・各サインの変調の兆し  心の兆し、体の兆し、環境の兆しなど
 ・各サインに対応するケア  ライフスタイルの提案など
 ・サイン同士の連動関係  機能的に影響し合う組織や部位

【お申込みフォーム】



ILLUMINATORILLUMINATRIX

 イルミナータ(ILLUMINATOR)は「光を求める者」、イルミナトリクス(ILLUMINATRIX)は「光を与える者」を意味します。

 人生には様々な波がやってきますが、自分の内に光を感じられないときもあります。 そのようなときには、自分を取り巻く世界が暗い曇り空のように見えるかもしれません。 しかし、深呼吸して、心に問いかけ、自分の内の光に気付くことができれば、世界は明るく広がり、目の前にどのような大きな課題が現れても、取り組めることに喜びを感じるかもしれません。

 光を求める者も、自らの光に気付いたとき、周囲を照らす「イルミナトリクス」に変容します。 薄暗闇にこそ光が見出せるように、「イルミナータ」の中に「イルミナトリクス」の光の種が宿っています。

『ウパニシャッド』より

 日が沈み、月が沈み、火も消えて、あらゆる物音が静まったときに
 人間の光となるものは何であろうか。

 「自己」こそまさに彼の光である。

 自己一つを自分の光として持ってこそ、人は座り、動き、働き、
 そして戻ることができる。

 自己とは誰であろうか。

 自己こそは心の中に住み、感覚に取巻かれ、叡智によって
 形作られた、光の人である。


 自らの人生の潮を知り、秘められた可能性を探り、魂の行き先を知ることは、光としての自己を見出すためにはとても大切な作業です。

 あなたが内なる光に気付き、その光によって世界を照らす「イルミナトリクス」として活躍していただくように、真心を尽くします。

 

 ▲ページのトップへ

 
 
 

◆お役立ちリンク

カモワンタロットとアストロセラピー【ILLUMINATRIX】 

 【セラピースクールシーズ(Seeds)】   セミナーのスケジュール   おススメセミナー   3つの学びのスタイル   スクールで学べる各分野   【お問い合わせ】 

 お楽しみ会/体験会/実践会   アドバイザー養成コース   セラピスト養成コース   プライバシーポリシー

 蘇生 共生 育生【NRC自然療法研究所】    所長山根康児「夢」インタビュー記事    オリジナルブレンドハーブティーのチンキ用ハーブ販売【ハーブ専門店ハルモニエ】


 
Copyrights (C)ILLMINATRIX All rights reserved