カモワンタロットアストロロジー
ILLUMINATRIX

「イルミナトリクス」はタロット、アストロロジー、ソウルナンバー、シンボルセラピーのサイトです
line decor
 あなたのを輝かせましょう!
line decor

 


 
 
 
 
ILLUMINATRIX ニュース

【お月さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】

 今年もやってきました「お月見」の季節! 稔りの秋にはお月さまに感謝する「お月見」が2回あります。  旧暦8月15日の月をめでるのは「中秋の名月」。  ちょうどサトイモなどが収穫されるので「芋名月」とも呼ばれます。  今年平成28年は9月15日(木)にあたります。

 「月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月 (詠み人知らず)」

 この歌には「月」の文字が8回登場するので、「中秋の名月(旧暦8月)」を詠んだ歌とされていますが、日本でどれだけ「お月さま」を大切にしてきたかが伝わってきます。

 当日は各地で観月祭が催されますし、ご自宅や会社、地域、仲間でお月見をするのもいいですね。

 もう一方、旧暦9月13日の月をめでる「十三夜の月」は、「中秋の名月」のあとなので「後の月」とも呼ばれます。  この時季には栗や豆が旬を迎えるので、「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれます。  今年は10月13日(木)にあたります。  「十三夜の月」は満月に近付こうとする、まだ余裕のある月をめでます。  日本には両方のお月さまを愛でる習わしがあります。  ぜひ今年も2回のお月見をしてみてはいかがでしょうか。

 ということで、【お月さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】発足です!

 日頃お月さまに関心のある方も、それほどでもない方も、この秋には改めてお月さまに心を向けてみませんか?  古来、お月さまは稔りや豊かさをもたらしてくれるものとして、大切におまつりされてきました。  お月さまは守り、癒し、蘇り、母なる海と大地のチカラを司るとされています。

 ご自宅などで「お月見」をするときには、次のようにされるとよいでしょう。

  1)お月さまをお迎えるように、ススキや萩などの季節の植物を柱のように立てます。

  2)お月さまからの稔りを感謝するために、季節の農作物や月見団子を供えます。

  3)酒や水に月をうつして、2)でお供えした稔りのものとともに頂戴します。

 大切なことは、いつもお世話になっている地域、お月さまを迎える土地に感謝し、「地域を代表する」イメージをもつことです。

 たとえ当日にお月さまが拝めなくても、昔は「無月(雲でお月さまが隠れる)」や「雨月(雨が降る)」として、それも尊びました。  美しいお月さまが見えればありがたく、見えなくても、心の中で想うことはできます。  お月さまに「日頃の感謝=いつもありがとうございます」と「平安の祈り=つつがなくどうぞよろしくお願いします」の気持ちを込めて、お月見を楽しみましょう♪

【耳より情報】
大阪天満宮では9月15日(木)18時より「秋思祭」が斎行されます。
18時半から拝服席として、月見団子と抹茶の席もございます。
呈茶券は18時頃より境内の梅香学院前で配られます。
皆さまの地元でも、「お月さまのお祭り」が執り行われるかと思います。
是非、チェックしてみてください♪


【秋分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】

 9月22日(祝)は「秋分の日」です。
 「秋分の日」には昼と夜の長さが等しくなり、この日を中心に前後7日間が「お彼岸」です。
 昼と夜の長さが等しくなることで、陰陽、天地、過去と未来、先祖と子孫など、「対となるもの」のバランスがはかられます。
 「春分」にも昼夜の長さが等しくなりますが、特に「秋分の日」は一年の折り返しにあたるため、一層「バランス・調和」の大切さを感じます。

 世界各国の聖地では、「お日さま」のお祭りが執り行われてきました。
 日本では古くから、秋分の日とその前後に、東から昇る「朝日」と西に沈む「夕日」を拝み、いのちの連鎖に感謝しました。
 そして、日々の営みが永遠に続くように、祈りをささげました。

 その心を後世に伝えるためにも【秋分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】発足!

 プロジェクトといっても、とても簡単です。
 秋分の日に、皆さまと心あわせて、「お日さま」に感謝の心をおくります。

 重要なことを一つ。
 お日さまに感謝するとき、日頃お世話になっている地域・土地にも感謝し、「地域を代表する」というイメージをもちましょう。

 朝日と夕日を眺めることはできますが、日中のお日さまは強すぎて、直接観ないようにしましょう。
  たとえ、秋分の日に曇天や雨天でもお日さまの光を感じることはできます。

 以上、シンプルなことですが、ずっと受け継がれてきた「お日さま」のお祭りを続けていきましょう♪

【耳より情報】
 京都・今熊野神社では、秋分の日16時より大樟祭が催行されます。
 今熊野子供田楽、翁、白髭など今熊野申楽が奉納されます。

 他にも各地の聖地では、秋分のお日さまを拝む習わしが続いています。
 皆さまの地元でも、「お日さまのお祭り」が執り行われているかと思います。
 是非、チェックしてみてください♪


□■【拡散希望】《21時 祈りの和》

 被災地の皆様、関係者様に対して心よりお見舞い申し上げます。

 実は他の地域でも、地震を懸念する声があがっています。
 地震に限らず、地鎮と平安の祈りで、和らげたいと思います。
 祈りのチカラは心を合わせることで、強まります。

【毎日21時】に平安の祈りをします。

 皆様と心合わせます。
 どうぞよろしくお願いいたします。


 
 2016年のひとこと指針は「つなぐ」です。
 人と人、人とモノ、土地と土地、時代と時代のつなぎとして、一年を丁寧に過ごしましょう。  「つなぐ」を心すると、さきわい、にぎわう年となります。
 例えば、一つひとつの細胞も、まとまった大きな組織の中で、生きています。  器官・組織同士がつながりあうことで、からだ全体が支えられています。
 人も個人の個性を活かしながら、家族や仲間、役割、地域、時代の中で生きています。  特定の時間・空間という限られた「場」だからこそ、つながるものがあります。
リアルなつながりの中で、自分も相手も活かし、お互いを輝かせることができます。  ともに手を取り合って、輝く2016年にしましょう♪


 セッション価格改定のお知らせ
  メニューのリニューアルに伴い、2015年12月1日付けでセッション価格を改定いたしました。
  ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。


 
 

 

汝自身を知る♪グノーシス・ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 

西宮夙川(しゅくがわ)教室 ※タロットやアストロロジーを学んでいなくても大丈夫! 

平日教室】  9月14日(水)、10月12日(水)、11月9日(水) 10時~17時 第2水曜日 全3日

【受講料】 \15,000(税込)/1日

【内 容】 ヘルメス密儀は世界と人間の完成を目指します。 タロットやアストロロジー、錬金術にはヘルメス密儀の伝統が息づいています。 ヘルメス密儀の秘鍵は《心のテクノロジー》、簡単にいえば《本当の自分を知る》ことです。

 当講座では、今世紀、注目を集める『マグダラのマリアの福音書』、たましいの旅をナビゲートする「古代宇宙論」、真の自己との出会いを導く「グノーシス神話」をベースに、《心が世界をつくっている秘密》を学びます。 この秘密こそ、タロットやアストロロジー、ソウルナンバーなど、現代では「占い」とされるものがこの世に存在する意義なのです。

 マグダラのマリアは古代宇宙論に精通した、ヘルメスの使徒だったのでしょうか。 世界と心をうつす鏡マルセイユタロットで読み解きます♪

☆講座で学ぶこと☆
《マグダラのマリアと7枚のベール》 
 ・『マグダラのマリアの福音書』
 ・魂と7つの力との問答 
 ・自己の本性  霊と心魂と肉体
 ・マグダラのマリアの清めと真の救い 

《グノーシスと古代宇宙論の伝統》
 ・世界の創造  宇宙の仕組み
 ・たましいの所在と遍歴  下降と帰昇
 ・造物主デミウルゴスと人間アントローポス
 ・7柱の支配者と運命

《汝自身を知れ ヘルメス密儀の使徒》
 ・万物は一 一は万物
 ・人間の完成  密儀の目的
 ・太陽と大地  肉体は牢獄か神殿か?
 ・この世でしかできないこと  ヤコブの梯子

【お申込みフォーム】 


 

 

ILLUMINATORILLUMINATRIX

 イルミナータ(ILLUMINATOR)は「光を求める者」、イルミナトリクス(ILLUMINATRIX)は「光を与える者」を意味します。

 人生には様々な波がやってきますが、自分の内に光を感じられないときもあります。 そのようなときには、自分を取り巻く世界が暗い曇り空のように見えるかもしれません。 しかし、深呼吸して、心に問いかけ、自分の内の光に気付くことができれば、世界は明るく広がり、目の前にどのような大きな課題が現れても、取り組めることに喜びを感じるかもしれません。

 光を求める者も、自らの光に気付いたとき、周囲を照らす「イルミナトリクス」に変容します。 薄暗闇にこそ光が見出せるように、「イルミナータ」の中に「イルミナトリクス」の光の種が宿っています。

『ウパニシャッド』より

 日が沈み、月が沈み、火も消えて、あらゆる物音が静まったときに
 人間の光となるものは何であろうか。

 「自己」こそまさに彼の光である。

 自己一つを自分の光として持ってこそ、人は座り、動き、働き、
 そして戻ることができる。

 自己とは誰であろうか。

 自己こそは心の中に住み、感覚に取巻かれ、叡智によって
 形作られた、光の人である。


 自らの人生の潮を知り、秘められた可能性を探り、魂の行き先を知ることは、光としての自己を見出すためにはとても大切な作業です。

 あなたが内なる光に気付き、その光によって世界を照らす「イルミナトリクス」として活躍していただくように、真心を尽くします。

 

 ▲ページのトップへ

 
 
 

◆お役立ちリンク

カモワンタロットとアストロセラピー【ILLUMINATRIX】 

 【セラピースクールシーズ(Seeds)】   セミナーのスケジュール   おススメセミナー   3つの学びのスタイル   スクールで学べる各分野   【お問い合わせ】 

 お楽しみ会/体験会/実践会   アドバイザー養成コース   セラピスト養成コース   プライバシーポリシー

 蘇生 共生 育生【NRC自然療法研究所】    所長山根康児「夢」インタビュー記事    オリジナルブレンドハーブティーのチンキ用ハーブ販売【ハーブ専門店ハルモニエ】


 
Copyrights (C)ILLMINATRIX All rights reserved